English

研究

研究概要

今日の高度情報社会は、アプリケーション、システム、コンピュータ、VLSIなど様々なレベルの高度な技術に支えられています。ディペンダブルシステム学研究室では、多数のコンピュータで構成される分散システム、多数のトランジスタから構成されるVLSIなど、あらゆるレベルでユーザが安心して使えるシステムのための研究を行います。”ディペンダブル”とは、日本語では”頼りがいのある”ことを意味し、ユーザがシステムを信頼し安心して使えるという、ユーザ視点の概念です。

ディペンダブルシステムを実現するには、きちんと検査して不良品を出荷しない、多少の故障があっても動作する、経年劣化によるシステム障害を避ける、悪意のある利用者に対処するなど、設計者視点で考えることは多岐に渡ります。本研究室では、システムのディペンダビリティ向上に繋がる様々な手法の研究・開発に取り組みます。

また、研究を通じて、論理的に物事を考える力、アルゴリズムの設計・解析、CやJAVAなどの通常のプログラミングに加え、マルチスレッドプログラミングやハードウェア記述言語(VHDL, Verilog)を用いたVLSI設計フローなどを学びます。

研究テーマ